グルコバイとセイブル、どちらがいいの?

同じ糖尿病の治療に用いられる薬であるグルコバイとセイブル。どちらがより良いのでしょう?

グルコバイとセイブルはどちらがより糖尿病に効果的?

糖尿病に効果的とされる薬グルコバイ、セイブルを比較してみます。
糖尿病では糖毒性を抑制するために血糖値を下げることを考えます。
この時に糖尿病治療薬としてセイブルが使用されます。
一番の特性は腸から薬の成分が吸収されるという事があります。
腸から50%以上が吸収され、主に腎臓から排泄される薬です。
血糖値を緩やかにする作用が他のα-グルコシダーゼ阻害薬と異なります。
一時間後の血糖値を下げる作用に大変優れています。
作用が続く時間は3時間です。
血糖値の上昇を抑えることが可能です。
糖の吸収を抑える作用機序であるため食直前に服用する必要があります。
グルコバイは血糖中の糖分血糖は膵臓から分泌されるインスリン・ホルモンで調節されていますが、糖尿病は、インスリンの量が不足したり働きが悪くなることで血糖値が上昇する病気でありそのまま放置することで手足のしびれや目の病気、腎臓病などの合併症を引き起こす恐れもあります。
服用することで食後の急激な血糖上昇を抑制します。
作用としては、腸からの炭水化物の消化吸収をゆっくり遅らせることが可能です。
インスリン分泌の節約になります。
膵臓の負担を軽減します。
日々の血糖値を適切に保つことで将来起こるであろう病気合併症の予防に大きな役割を果たします。