グルコバイとセイブル、どちらがいいの?

同じ糖尿病の治療に用いられる薬であるグルコバイとセイブル。どちらがより良いのでしょう?

糖尿病患者が気を付けるべき”シックデイ・ルール”とは

病気になると、うまく栄養補給ができなくなることがあります。
食欲がなくなって食事自体ができなくなったり、食べたとしても嘔吐してしまったりといった具合です。

栄養補給ができないと、体の回復が遅れるばかりか、かえって体調が悪くなる危険性もあります。
特に食べ物の内容や量によって血糖値をコントロールしなければならない糖尿病患者の場合、注意が必要です。
栄養補給ができないことにより、血糖値が乱れやすくなり、コントロールが難しくなるからです。

そのため糖尿病患者には、シックデイ・ルールの指導がおこなわれています。
シックデイ・ルールとは、病気になった時の適切な対処法のことです。

具体的には、体を温めて安静にしたり、医師に連絡したりといった内容です。
高熱が続く場合には、脱水症状にならないように、積極的に電解質を摂取します。
食事は、少量でも栄養補給ができるように消化吸収の良いおかゆやうどんやスープなどにします。
また、体温や血糖値が極端に異常な数値になっていないかどうか、こまめに測定します。

これらのシックデイ・ルールを頭に入れておくことで、糖尿病患者は、病気になったとしても焦らず自宅で体調管理ができるようになります。