インターネット上に、個人や企業に関する誹謗中傷が存在する場合には、できる限り早くそれに対処しないと取り返しのつかないことになりかねません。

しかし、匿名性の高いインターネット上の書き込みに対しては素人だけでは対処することが難しい現状が存在します。そこで、専門家に相談をして問題を解決してもらうことが大切になります。そもそも、インターネットのサービスを利用する場合にはIPアドレスというものを利用します。

IPアドレスは、書き込んだ人の所在地を特定するために利用できるものであるため、IPアドレス開示を請求すればどういった人物が誹謗中傷を行ったのかを特定できます。IPアドレス開示で重要になるのは、きちんとした手続きに応じて請求を行うという点です。元々、インターネット上のサービスを利用するためには、IPアドレスを管理しているプロバイダと契約をしなくてはいけません。

書き込みをした本人ではなく、まずはこれを管理している会社に対して請求を行う必要があります。しかし、当然ですがIPアドレスを管理している会社も、個人や会社の情報を管理している立場にあるためどういった意図でIPアドレス開示請求をするのかを伝えなくてはいけません。場合によっては、裁判所からの命令処置によって請求を行う必要もありますので、専門的な知識が必要になります。専門家に任せておけば、こういったことをすべて行ってくれますので安心して任せられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *