インターネットはIPアドレスを利用して通信先を特定し、スムーズな通信を実現しているのが特徴です。

そのため、この通信方式においてはIPアドレスは非常に重要なものとなっており、お互いにその情報を交換することがポイントとなっているのですが、インターネットでは古くからその情報に様々な個人情報を紐付けて相手先を特定したり、管理を行うための仕組みを構築してきました。その1つがIPアドレス開示と言う仕組みであり、その所有者をデータベースに登録することによって管理を徹底させるとともに、重複を防ぐ非常に効果的な方法として用いられています。

その一方で、この情報を不用意に公開すると様々なトラブルの元となってしまうこともあるため十分に注意をしなければなりません。基本的には誰でも所有者がわかることから、不用意にIPアドレス開示を行うと、インターネット上の攻撃の対象となってしまう恐れがあります。サーバーの乗っ取りやなりすましなど、様々な問題を引き起こす可能性があるため、そのIPアドレス開示の範囲には十分に注意をしなければならないものとなっているのが実態です。

最近ではIPアドレスの変換方法が非常に高度になっており、IPアドレス会議で示された情報に対して実態が存在しないように見せかけることも可能です。この方法により、直接的な攻撃を防ぐことができるとともに、なりすましなどを防ぐことができるようにもなるため、企業システムだけでなく個人のシステムでも広く用いられている手法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *