誹謗中傷が行われる場所は、匿名での投稿が可能なインターネット上が多いです。

そして誰にでも誹謗中傷されるリスクがあり、謂れのない噂が独り歩きするかもしれません。そのため場合によっては名誉棄損として、削除請求を行う必要性が出てきます。また事実であっても名誉毀損は成立します。基本的にインターネット上での投稿は、ブログなど何らかのサービスの上で行っているものなので、削除申請もそのサービスの管理者に向けてすることが多いです。

名誉毀損に当たる証拠を揃えた上で、裁判所に申し立てて、それが認められると法的な効力が生まれます。ただそのサービスが本来誹謗中傷を目的としていなかった場合、早い段階で削除される可能性が高いです。この手続きは自分でも不可能ではありませんが、法的な要素が関わってくるので、専門家に依頼した方が無難です。その他にも本人に直接削除を求める方法もありますが、誹謗中傷をするような相手では望みは薄いです。そして内容証明で強めに訴えかけるには、相手の情報がしっかりとわかっていなければなりません。

他人を攻撃する際に、自分の身は守っている人が多いので難易度は高いです。そしてこれらの方法はあくまでも、自分の身を守るための手段です。誹謗中傷をしてきた相手に何らかの罰則を与えることはできません。もし損害賠償を請求したり名誉毀損での刑事告発を考えているのであれば、法律の専門家に依頼する際にまとめて相談した方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *