インターネットの掲示板やSNS等で誹謗中傷を受けたり名誉毀損に該当する書き込みを発見した時には、そのまま放置したりせずに早めに削除するように取り組みましょう。

しかし、自分のことが書かれているからといっても、勝手に削除することはできません。Webサイトのサーバー管理者やドメインの登録代行業者などに依頼する必要があります。一番スムーズに進められる方法は、弁護士などの専門家に依頼する方法です。名誉毀損とは他人の名誉を傷つける行為で、犯罪として刑事罰の対象になることもあります。民法上も不法行為に当たるので、被害者は加害者に対して損害賠償請求を求めることもできます。

インターネットでの誹謗中傷や名誉毀損の書き込みは、そのまま放っておくとあっという間に拡散して炎上してしまうことがあります。するとさらに問題が深刻化し、書き込みを見た人から嫌がらせを受けたりすることも多くなっています。多くの人から攻撃を受け、心身が疲弊してしまうことも多いのです。ですから書き込みが拡散されてしまう前に、早い段階で対処することが重要です。

弁護士事務所に依頼する際には、こういったインターネットの問題に強い事務所を選ぶようにしましょう。一口に弁護士事務所といっても得意分野がそれぞれ違うので、慣れていないとスムーズに話が進まないことも多くあります。削除するのが遅れると問題が深刻化してしまいますし、誰が発信したのか特定するのが難しくなることもあるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *