名誉毀損にあたる記事を見つけた場合に、気持ちが動転したり、頭に来たりして反論したりする人がいますが、同じ土俵に上がるよりも、素早く削除することを考えることをおすすめします。

反論や説明などをすると、思いがけずに自分自身が感情的な言葉を使ってしまうこともありますし、時間が経つほど拡散のリスクもあるので、早めに対応することが大切です。名誉毀損にあたる記事を見つけた時に、その記事が掲載されたサイトに削除申請フォームがあるなら利用しましょう。サーバー管理者に依頼をしても効果がなかった場合には、ドメインの登録代行者や書き込んだ本人に依頼するという方法もあります。

削除申請に応じてもらうことができない場合や名誉毀損の内容や程度が著しい場合などには、正式な手続きを踏んで削除依頼を行ったり、内容証明等を作成しておく必要性が高くなってくるため、専門知識がある弁護士に相談することをおすすめします。最近では名誉棄損や誹謗中傷、風評被害などについて弁護士に相談する人が多くなってきています。

インターネット上の記事について名誉棄損にあたることを証明したり、被害を正確に表現したりすることは思っている以上に難しいことがありますが、弁護士に相談することによって解決できることも多いです。削除申請フォームを利用してみても効果がない、という場合には思い悩むことに時間を掛けるよりも、専門知識のある弁護士に相談することがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *