ホームページや掲示板、メールフォームではよくアクセス解析と呼ばれるものが使われています。これは、どの時間帯にどれだけの人が閲覧しているかを知るために使われるものです。実はこの解析を行うと、閲覧数だけでなく見た人のIPアドレスも確認することができます。IPアドレスがわかると、どこから閲覧しているのかをある程度予測することが可能です。

もちろん、個人を特定するとなると他にも確認は必要にはなりますが重要な情報であることには変わりません。事件などが起こると、稀にホームページや掲示板の管理人にIPアドレス開示が求められることがあります。例えば、掲示板に悪意のある書き込みや犯罪紛いの書き込みがあったときにIPアドレス開示は行われます。個人情報はと気になる人もいるかもしれませんが、警察等から開示を求められたら従った方がいいです。

IPアドレス開示は犯人探しに、大切な情報となるからです。他の閲覧者に対する迷惑を考えて、IPアドレス開示を拒否する管理者も少なくありません。確かに、無関係の人まで開示されるとなると快く思わない人もいるでしょう。ただ、開示が求められているときはそれなりの事件や問題が起きたときです。

解決するように、困っている人を助けるつもりで協力することをお勧めします。仮にIPアドレスだけがわかっても、ネット上などで個人名があげられることはありません。不安なときは、相手にどこまで秘密を保持できるのかを確認してから行うとより安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *