過払い金とは本来であれば、支払う必要性のない金利の部分のことになります。クレジットカード会社や、大手の消費者金融業者のサービスを利用して借り入れをした経験のある人は多いと言えますが、ひと昔前までは利息制限法という法律で規定されているルールで適用されている金利の利率を超える、利息分の支払いを求めていた金融業者が多く存在しているために、利息を払い過ぎている利用者がたくさんいると考えられています。自分が過去に金融業者から融資を受けていて、支払いをしている金利分の金額が大きいのではないかと疑問を持っているときには、弁護士に法律相談を行うことで、過去の取引履歴を開示して調べてもらうことができます。現在において借り入れを継続していて支払いをしている人であっても、弁護士に法律相談することで過払い金について調べてもらうことが可能です。

現在借金を背負っていて返済を続けているときに、弁護士に法律相談をして過払い金が発覚したときには、借り入れをしている元本に充当することもできます。払い過ぎている利息分を借金の元本に充てることで借金額を減額したり、支払っている過払い金が借金そのものの金額よりも大きいときには、返還請求をすることで取り戻すことが可能です。過払い金があるかどうか調べるためには、貸金業者に履歴の開示請求をする必要がありますので、専門家である弁護士に法律相談することが最適な手段と言えます。高い金利で5年以上の期間にわたって、貸金業者から借り入れを行った経験のある人の場合には過払い金が発生している可能性が高いと考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *