契約を結んでいたにも関わらず、相手方の都合によって契約通りに行ってくれなかったり、契約上のトラブルが発生することがあると言えます。キャッチセールスに代表されるような訪問販売や電話勧誘販売などによって、1度は契約をしてしまったものの、後になって契約解除をしたいと考えたときには、どのような手続きが行えるのかわからない人が多いでしょう。契約解除の方法としては、意思表示するものとしてクーリングオフの方法があります。クーリングオフが可能な期間というものは、それぞれの契約内容によって異なる期間が法律で設定されています。

契約解除の意思表示を行いたいと考えたときには、しっかりと意思表示を行ったことを証明するための内容証明郵便を使用することが大切になります。内容証明郵便を使ってクーリングオフの意思表示をすることについて、弁護士に法律相談することも可能です。すでに代金を支払っているときには、相手方に意思表示をすることによって返金の義務が発生します。代金の返金先として振り込み先となる銀行口座を、クーリングオフの通知を行う文書内で指定しておくと便利です。

法律で定められた期間を過ぎている場合であっても、特定継続的役務に関しては中途解約が可能なものもありますので、法律相談を行った際に確認するようにしましょう。エステティックや語学教室、家庭教師、結婚紹介サービスなどを利用した際に中途解約がしたいにも関わらず、業者に認めてもらえないときは弁護士に法律相談をすることで手続きを円滑に進めやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *