借金の問題を弁護士に法律相談するときには、借り入れに関する手元にあるものを持参する必要があります。クレジットカードを使って借り入れをしているときや、貸金業者との間に行った契約上の書類、返済の領収書や郵便物を法律事務所に持っていくことが必要になりますので、あらかじめ準備しておくようにしましょう。法律相談をするときには、法律事務所に訪問する必要性がでてきますが、そのときには運転免許証などの身分証明書を持参しなければなりません。最近では初回の法律相談を無料で受けられる事務所が多くなってきていますが、法律事務所によっては着手金が必要になってきますので、電話確認の際に質問してみると良いでしょう。

弁護士に法律相談を行って借金問題を解決するときには、自己破産の手続きを行う場合があります。自己破産をはじめとした債務整理の手続きを進めるときには、債務者の収入や支出、生活状況や毎月の借り入れ状況や返済金額、返済を行っている上で遅滞はあるのかどうかなどの質問が行われますので、的確に返答できるように準備しておくことが大切になります。法律相談を行ってからすぐに依頼を決めるときには、契約書に署名することと、押印する必要があります。無料相談が受けられる事務所であれば試しに相談を行って、納得がいく状況でなければ別の事務所に改めて相談に行くことも良い方法であると言えます。

弁護士に相談を行って依頼をしたときには、弁護士から貸金業者に対して受任通知が発送されますので、その時点でそれぞれの貸金業者からの取り立てを止めることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *