近年では殆どの人がインターネットを利用することによって日常生活を送っています。しかし、ネットに対する依存率が上昇する一方でネットを利用した犯罪行為も急増している傾向があります。実際に、ネットの犯罪は統計的にも増加傾向にあり、それによって犯罪行為に巻き込まれてしまう人も増えています。その中でも最も多い問題が、ネットの掲示板に対して行われる誹謗中傷の書き込みです。

現実世界の中でこのような行動をすると名誉毀損や侮辱罪で訴えることも可能なのですが、ネットの世界では相手の顔が全く見えない環境下で行われるのでそうした罪で問うことがなかなか難しくなっています。そこで、ネットのなどのITの問題を解決することに特化したIT弁護士に相談をすると良いのです。IT弁護士は、法律業務の中でも特にネットの問題に力を入れて問題を解決している弁護士のことを意味します。IT弁護士は、個人の相談だけではなく企業の相談も請け負って個人や会社にとって都合の悪いコメントや書き込みを削除するように手続きしてくれますので、本人が解決できない問題でもすぐに問題を解決してくれます。

それだけではなく、書き込みをした相手に対して責任を取らせることも可能です。IT弁護士を利用すれば書き込みをした人を特定することができるので、逮捕などは出来ませんが慰謝料請求などの金銭的な代替手段によって相手に対して責任を取らせることが可能になっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *