なぜIT弁護士に相談をすれば、ネットの問題を容易に解決できるようになるのでしょうか。そもそも、ネットの問題で一番重要になるのは、どのようにして相手に対してネットのトラブルに関する責任を取らせるのかにあります。ネットの問題で一般人が巻き込まれる可能性が高い案件は二つあります。それは詐欺と誹謗中傷なのです。

詐欺に関しては刑事事件なので警察に相談をすれば何の問題もありませんが、後者に関しては逮捕の規定が存在しないので誹謗中傷を書き込みした相手を自身で特定して自身で問題を解決しなくてはいけません。しかし、ネットの書き込みを行うことが出来る掲示板というのはほとんどが匿名での書き込みです。誰がどの場所で書き込みが行われているかを特定することは出来ませんので、相手に対して責任を取らせることが難しくなります。そこで利用するのが、ネットの問題に力を入れているIT弁護士なのです。

IT弁護士は、ネットで誹謗中傷の書き込みがあった時にはその書き込みをした人物が誰であるのかを調べることが出来ます。この情報開示の請求権を利用すれば、たとえ匿名の掲示板であっても相手の情報を教えてもらうことができるので、そのまま弁護士に相談をすれば民事上の責任を取らせることが可能になるのです。具体的には、書き込みをした人物に対して精神的な損失を理由とした慰謝料請求などを行います。これによって、納得の行く金銭的な解決に導くことが出来るわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *