IT弁護士は、インターネット関連の技術やビジネス、訴訟を専門として対応する弁護士のことです。インターネットが進歩するのに合わせて、ビジネスシーンや日常生活でのコミュニケーションに利用される機会も増加しました。それに伴い、トラブルの件数も増大しているのが現状です。例えば、匿名掲示板での誹謗中傷や、アフィリエイト収入における税金問題、リベンジポルノなど、かつては存在していなかった問題にどう対処していくかは専門家でも判断が難しくなります。

既存の弁護士の全員がITに強いわけではなく、また法改正も技術の進歩を後ろから追いかけている状態であるため、相談者の希望通りに問題が解決されるとは限りません。IT弁護士は、こうしたインターネット関連のトラブルや、法的な事務事項を遂行する弁護士のことを示します。法律の知識に加え、積極的に最新の技術やネットビジネスについて学習しているために、相談者の幅広いニーズに応える事ができます。その重要性は企業でも認知され始め、企業弁護士としてIT弁護士を雇うことはベンチャー企業の常識とされています。

また、IT弁護士自身も最新のシステムを使いこなし、電話やメールでの応対などビジネスの時間を阻害しないような配慮をしているケースも多いです。もちろん、通常の弁護士事務所でもIT関連の相談は受け付けています。しかし、弁護士にも向き不向きが生じてしまうため、相談する際には、相手の得意な領域が何かをきちんと調べてから訪問することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *