安くクレンジングのランキングを参考にする場合 - クレンジング前のおすすめ処理
  • 安くクレンジングのランキングを参考にする場合

    クレンジングは安くても効果的にメイクを洗浄でき、肌にも負担か少ないタイプを選びたいと思うものです。

    そんな場合は、クレンジングのプチプラのランキングなどを参考にするのも良い方法です。

    クレンジングには種類があり、洗浄力が高いものからオイル、油性ジェル、クリーム、水性ジェル、シート、ミルクタイプです。
    それぞれの種類には特徴がありますが、人の肌も普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌の4種類に分けることができ、安いクレンジングの場合も自分の肌質にあったタイプを選ぶことが大切です。

    普通肌は健康な状態であればどのタイプも使うことができますが、シートタイプは肌への摩擦が肌に負担になるので常に使うのは控えます。乾燥肌は、保湿成分が高配合のタイプを選ぶと良いです。


    保湿成分が高いのはクリームタイプかミルクタイプです。
    肌を擦らずにメイクや汚れを洗浄することができます。

    混合肌の場合は、オイリーな部分と乾燥する部分のどちらに合わせると良いか迷うこともありますが、混合肌の場合、刺激やストレスなどで肌のバリア機能が低下して水分バランスが乱れて皮脂の分泌量を一定に保てない状態なので、肌に刺激が少なく、必要な水分や皮脂を残せるタイプのミルクタイプやクリームタイプをランキングでも参考にすると良いです。

    クレンジングのランキング関連の情報をたくさん掲載しています。

    脂性肌は、オイルタイプを使うと良いです。



    必要以上に分泌された皮脂やメイクの汚れなどを洗い流すことができます。

    脂性肌といっても、皮脂を過剰に分泌していることもあるインナードライの状態も考えられるので、インナードライの場合にはオイルタイプのように洗浄力の高いものではなく、低刺激で保湿効果があるミルクタイプを使い、洗浄後は化粧水などでしっかりと保湿をします。
    プチプラでも肌に良い効果が期待できるクレンジングを選ぶ際にランキングを参考にすることもありますが、自分の肌や状態に合ったものを選ぶことが肌のためにも必要なことです。